初心者のための簡単な「はてなブログ」の作り方

ブログ初心者の方へはてなブログで在宅収入を得る方法について教えています。セミナーも東京で定期的に開催しています。お気軽にお問い合わせください。

ThinkPad X1 Carbonトラックポイント上下に動かない対処法(左右にのみ動く)【 2019年版(8thGen)】画面一瞬明るくなる

2020年9月9日更新

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版】にて、トラックポイントが上下に動かない対処法です。

トラックポイントの捜査中に急に、上にカーソルが移動して、左右にしか動かなくなる現象も1回発生しました。

※まだ、改善されていないので、ちょこちょこと追記していきます。

パソコンのOSはWindows10です。

左右には動くんですよね。

Lenovoのトラックポイントとは、キーボードの真ん中の赤い丸いやつです。

マウスの代わりになるやつ。

トラックポイント上下に動かないときに、対処法というか、やってみたら改善しました。

それを備忘録としてお伝えします。

※【ThinkPad X1 Carbon 2019年版】画面が一瞬明るくなる改善策もお伝えします。

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】トラックポイント上下に動かない対処法(左右に動く)

【対処法1】Lenovo vintageのシステムのアップデート(更新)

結論→Lenovo vintageのシステムのアップデート(更新)をしたら改善されました。

【2020年8月21日追記】

※Lenovo vintageのシステムのアップデート(更新)後も、「トラックポイント上下に動かない」が再現しました。3回、パソコンを再起動したら直りました。

※Lenovo vintageのシステムのアップデート(更新)で直ったのではない気もします。

更新をすれば、トラックポイント上下に動かない対処法(左右に動く)が改善される可能性もあります。

Lenovo vintageのシステムのアップデート(更新)は、【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】トラックポイントの速度も早くなっているように感じます。

 

【対処法2】パソコンを冷やす

ThinkPad X1 Carbonを長時間使い、スリープモードから復帰したときに、トラックポイント上下に動かない現象が発生することが多いです。

そして、夏の暑い時期に不具合が発生するようになりました。

ThinkPad X1 Carbonをシャットダウンして、サーキュレーターで冷やしてあげると復旧したことがありました。

パソコンの熱がトラックポイント上下に動かない原因もあるような気がしてきました。

スリープモードにするのも止めようと思います。

とりあえず、つかわないThinkPad X1 Carbonを時間はシャットダウンして、パソコン本体を冷やす対策でどうなるかやってみます。また追記します

 

【対処法3】ノートパソコンを閉じてデュアルモニターに表示させてみる

対処法として、ノートパソコンを閉じてデュアルモニターに表示させてみると、トラックポイントが上下にも動くようになりました。

でも、一時的に直っても次の日には、不具合の現象が再現しているような感じです。

デュアルモニターを使用しているから、このような不具合が発生している?

でも、デュアルモニターにつないでいないときでも、トラックポイントが上下に動かないこともありました。

しかし、タッチパッドを使っているうちに、いつの間にか復旧していたこともあります。

トラックポイント動かない→Lenovo vintageの起動。アップデート・更新のやり方

Lenovo vintageを起動します。

Lenovo vintage

WindowsPCの左下の虫眼鏡から、Lenovo vintageと検索してみましょう。

インストールされていれば、表示されます。

インストールされていなければ、こちらから。

https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht505081

 

システムのこう

Lenovo vintageアップデート

 

→1 推奨更新で更新できるものはすべて更新しました。

Lenovo vintage 1 推奨更新

  • 重要な更新
  • 推奨の更新

更新できるものは、すべてアップデート更新しました。

 

※その後も複数回、「トラックポイントが上下に動かない」現象が発生。

 再起動を複数回すると直っていました。

いよいよ、5回再起動してもなおらない。

ThinkPadのBIOSのアップデートをしたら、その後復旧。

前も、BIOSのアップデート後にすぐに、トラックポイントの不具合がなおった。

何かしら、BIOS関係に異常があるような気もする

 

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】Lenovo vintageアップデート後のBIOS画面

Lenovo vintageアップデート更新後は、パソコンが再起動されます。

Lenovo vintageアップデート後のパソコン起動時に、黒い(BIOS)画面になります。

BIOS画面では、英語の文字が羅列しています。

OSが起動するまでに5分以上はかかりました。

Lenovo vintageのアップデートがたまっていたからかもしれません。

 

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】トラックポイント上下に動かない対処法をLenovoのサポートセンターに聞く

最初はLenovoのサポートセンターにて、チャットでやり取りをしていました。

チャットだとつながりが早いです。

電話だと待たされることが多いですよね。

最初に、【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】の裏に表示されているシリアルナンバーをお伝えします。

おそらく中国の方がチャットで対応してくれました。

『【ThinkPad X1 Carbon 2019年版】トラックポイント上下に動かない(左右にのみ動く)』の、改善点が見つかりませんでした。

「チャットでは直らない。修理費用に、7万円かかる」ということでした。

ソフトウェアではなく、ハードウェアの故障の可能性が高いとのことでした。

Lenovoパソコンの保証も切れていました。

じゃあ、あたらしく【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】を、買ったほうがいいなぁと思っていました。

結局、諦めかけていました。

思わぬ、別のことを聴いていたら『【ThinkPad X1 Carbon 2019年版】トラックポイント上下に動かない(左右にのみ動く)』の、改善点が見つかりました。

 

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】画面が一瞬明るくなる改善点(対処法)

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版】画面が一瞬明るくなる現象が発生していました。

この現象も一緒にLenovoサポートの方に聞いてみようと思いました。

すると、Lenovo vintageのアップデート更新をすすめられました。

Lenovo vintageアップデートをしたら、【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】が左右にしか動かない現象が直りました。

使用して1時間ですが、画面が一瞬明るくなるのも改善されています。

 

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】キーボードを交換するときの費用

ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)を修理に出すと、7万円かかります。

Lenovoのチャットサポートでは、ハードウェアの故障の可能性が高いとのことだったので、キーボードだけの料金はいくらするのか聞いてみました。

3.7万円とのことです。

自分で交換には、リスクがあります。

でも購入できるとのことです。

メールで見積もり送ってくれるということでした。

ソフトウェアの故障を全部しらみ潰しにしてから、ハードウェア(キーボード)の交換をしましょう。

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】に外付けのキーボードを購入

「買い替えもお金がかかるから、外付けのキーボードの購入も検討してみるといいかですね。」

このトラックポイントのキーボードのバージョンは1つ古いタイプ↓。型式が4Y40U90591

 

新しい型式がこちら、Lenovoの公式サイトから↓↓4Y40X49522
ThinkPad トラックポイント キーボード II - 日本語

旧バージョンとそっくりです。

新バージョンは、キーボードの位置が多少変更されたのと、ブルートゥース接続が2台になりました。

満充電において約2カ月程度使用可能。

2020年9月10日、Lenovoの公式サイトで購入しようとすると「最短 3-4 週間程度」と表記だったので、ヤフオクで購入しました。

「たまたまヤフオクで出品している人がいました。」

3日後に発送されてきました。

Amazonでは売っていませんでした。

楽天では、在庫なしになっていました。→メーカー注文後発送。

ノートスタンドを使って、キーボードを設置しました。

ThinkPad X1 CarbonとThinkPad外付けキーボード

AmazonでBoyataのパソコンスタンドを購入しました。

 

 

 

トラックポイントは、昔のThinkPad X270で使っていたトラックポイントで使っていたソフトリムタイプに付け替えました。 

Lenovoキーワード外付け

サイズは違いましたが、使えました。

トラックポイントのソフトリムタイプは使いやすいです。

こちらのソフトリムの商品で普通に使えました。Lenovo公式の商品です。

 

指への負担も少ないです。ThinkPad X1 Carbonとキーボードの形は同じなんですが、慣れないですね。質感が違いますね。

USBとブルートゥースに対応しています。

 

しかし、ThinkPad X1 Carbonとは、中央のスクロールボタンの動きが違いますね。

X270と同じような、動きになります。

ThinkPad X1 Carbonに慣れていると違和感があります。

 「ThinkPad TrackPoint Keyboard II Software」からダウンロードします。 

Window10のコントロールパネルのキーボードから、トラックポイントの速さなどの設定を変更できます。

コントロールパネルのキーボードの設定

外付けのThinkPadのキーボードを購入してからは、外付けのキーボードでは不具合はでていません。

やっぱり、ThinkPad X1 Carbonのハードの問題かもしれません。

 

出先で、トラックポイント上下に動かなくなると困るので、小さいUSBマウスも購入しておきました。

Amazonで星がたくさんついていて評判よかった、薄いマウスがこれ。

形が気に入った。持ち運びがしやすい。

USBも収納できるので、紛失の心配も少ないのがいいですね。

光学式マウスです。

まとめ【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】トラックポイント上下に動かない対処法

【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】トラックポイント上下に動かないために、Lenovoパソコンの再購入を考えていました。

Lenovoのトラックポイントがないともう無理です。

トラックポイントに依存しています。

別売りの【ThinkPad X1 Carbon 2019年版(8thGen)】に、外付けのトラックポイントキーボードを購入しようとも考えていました。

Lenovo vintageのアップデート更新をはじめに教えてほしかった。

修理に、7万円かからずにすみました。

0円です。

トラックポイント動かない修理情報が、インターネットでみつかりませんでした。

 まだまだ改善されていません。